他ブログ最新記事

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドブルのクリスマスカード

2010年12月25日 14:26

レッドブルから皆様にクリスマスカードが。

2010122501

SANTA IS FASTER THAN YOU...PLEASE CONFIRM YOU UNDERSTAND THIS MESSAGE!
(サンタのほうが君より速い。この意味を理解してくれよ!)

あれ?
なんか聞き覚えのあるこの言葉。

あッ!!

'10 F1ドイツGP 感想より
OK, so, Fernando is faster than you. Can you confirm you understood that message?
(いいか、アロンソのほうが君より速い。この意味が分かるか?)

今年のF1流行語大賞(?)のパロディでした。
流石レッドブル!!
スポンサーサイト

スポンサーサイト

小林可夢偉がルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞!!

2010年12月07日 02:49

やったぜ可夢偉イヤッホー!!

可夢偉、ライコネンやヒュルケンベルグを破りルーキー賞

英AUTOSPORTが毎年選ぶAUTOSPORTアワードの2010年の各賞が発表され、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに小林可夢偉が選ばれた。

英AUTOSPORTおよびautosport.comの読者の投票によって、さまざまなカテゴリーにおいて活躍したルーキーの中から選ばれるルーキー・オブ・ザ・イヤーに、F1のビタリー・ペトロフとニコ・ヒュルケンベルグ、WRCのキミ・ライコネンらをやぶり、可夢偉が選出された。

可夢偉は2009年終盤にトヨタからF1にデビュー、今年BMWザウバーからF1フル参戦を果たした。今季は8回入賞して32ポイントを獲得、ランキング 12位となった。可夢偉はアグレッシブなオーバーテイクで注目を集め、ヨーロッパGPのレース終盤に新しいソフトタイヤに換えてフェラーリのフェルナンド・アロンソを抜いたシーン、鈴鹿でのオーバーテイクショーなどに賞賛が集まった。

「オーバーテイクのチャンスというのは常にあるものです」と可夢偉は5日に行われた授賞式でコメントした。
「僕にとっては全く当たり前のことなんです。レースはエキサイティングでなきゃならない。オーバーテイクをすれば、より一層エキサイティングになります。オーバーテイクは簡単ではないですけどね。実際F1マシンではとても難しいです」

今年一番のオーバーテイクはと聞かれた可夢偉は、「バレンシアでアロンソを抜いたのはとてもよかったですね」と答えている。


俺的には鈴鹿のオーバーテイクが一番興奮したなー。
母国GPで、ファンの前で、期待を裏切らないあの走り。
最っ高だったよ!!
可夢偉おめでとう!!

'10 F1アブダビGP 感想

2010年11月15日 19:51

セバスチャン・ベッテルが史上最年少ワールドチャンピオン!!

おめでとう!!!ヽ(*´∀`)ノ

アロンソ絶対有利と思っていたチャンピオン争い最終戦。
F1は毎年最後に何らかの大波乱が起こります。
そして今年もやっぱり起こった大波乱。

予選PPのベッテル。
しかしベッテルが1位でゴールしたとしても、
4位以内でゴールすればチャンピオン決定のアロンソ。
アロンソのスターティンググリッドは3番手。
スタート前までは完全にアロンソがチャンピオンになると思ってました。

しかし。
スタート直後にバトンに抜かれてアロンソは4位。
SCと早過ぎるピットの影響で順位は更に後退。
最終的に7位という残念な結果に終わりました。

一方のベッテルは終始ミスのないアタックで独走状態。
最終戦で優勝してチャンピオン決定という最高の締め方でしたね。

はたしてアロンソに一体何が起こったのか。
一番の原因は"守りに徹しすぎていた"ことでしょう。
ベッテルが優勝した場合アロンソは4位フィニッシュでチャンピオン決定です。
アロンソは4位で走っていて、すぐ後ろにはウェバー。
つまりウェバーにさえ抜かれなければチャンピオン決定です。
そんな時にウェバーが早いピットイン。
ここでアロンソに2つの選択肢が生まれました。

①ピットインせずそのまま走る
ピットアウト後のウェバーのペースが速い場合
アロンソのピットアウト時にウェバーに抜かれる可能性が有り

②ウェバーに合わせてコチラもピットインする
常にウェバーが後ろにいるので
アロンソはカバーさえしとけば抜かれる心配はほぼ無し

そしてもうひとつの要素が1周目に導入されたSC。
SC先導中にペトロフとロズベルグがピットイン。
これにより2つの選択肢に付加要素が。

①ピットインせずそのまま走る
ペトロフ&ロズベルグと十分な差を付けてからピットインすれば
ペトロフ&ロズベルグより前でピットアウトできる

②ウェバーに合わせてコチラもピットインする
確実にペトロフ&ロズベルグより後ろでピットアウト
ペトロフ&ロズベルグを抜かなければ4位以内は絶望的

フェラーリが選択したのは②。
ウェバーをカバーすることを優先してアロンソもピットインしてしまいました。
この選択の影響でアロンソは7位。
あからさまに選択ミスです。
まぁ結果論ですけど。
よくよく考えるとあのウェバーの早いピットインがレッドブルの仕掛けた罠のような気がする・・・。

アロンソはレース後抜けなかったペトロフに対してこのようなアクションを。

アロンソがペトロフに対して怒っている説がありますが、
ペトロフに罪はないよね。

・・・アロンソの話はここまでにしよう。
レッドブルというチートマシン相手によくここまで頑張ったよ。
とにかく悔しかったけど、しょうがないもんね。

今年のベッテルは凄かった。
序盤マシントラブルで大量のポイントを逃すも、
優勝回数5回、PP獲得回数もたくさん(←数えるのメンドイw)
チャンピオンに相応しい結果ですね。
多少暴走もしますが・・・若さゆえの過ちってことでw

今年はレッドブルの天下かと予想してました。
予選PP率も異常でしたし。
唯一対抗できるのはマクラーレンだけかと思いましたが、
イタリアGPからアロンソの猛追で5人のチャンピオン争いという大混戦に。
後半はチャンピオン争いがスリリングで非常に面白かったです。

当初一番の話題となっていたシューマッハ先生はいつの間にか蚊帳の外。
メルセデスマシンとシューマッハの相性が良くなかったみたいですね。
しかしモナコGPでは友達なくすぞ事件を起こしたり、
今回もSC導入の原因を作ったり妙に存在感がありましたw
よくよく考えるとモナコで最後シューマッハが抜いたのがアロンソ。
アロンソがチャンピオンを逃した原因のSCもシューマッハが引き金。
そして4年前にシューマッハ引退のトドメを差したのがアロンソ。
ま・・・まさか・・・4年前の恨みが・・・。
アロンソチャンピオン陥落の影に・・・シューマッハあり・・・。

最後に2010年度F1の流行語大賞も勝手に決定。
Fernando is faster than you.

それでは、また来年(・∀・)ノシ

F1ドライバーのニックネームはコチラ→'10 F1 流石と言わざるを得ないフジのニックネームのセンス
来年も期待してますw

'10 F1ブラジルGP 感想

2010年11月08日 21:08

日本シリーズェ・・・

遊戯王だけでなくF1までも放送の妨害をしやがった日本シリーズ。
延長のおかげで予選は見れず、決勝も放送時間短縮。
いい加減にしろっ!!

予選が見れなかったため結果だけ見ましたが・・・。
・・・え? PPにヒュルケンベルグ??
これには驚いた。

フジF1実況担当の塩原さんは今回も迷実況。
「ま、とにかく可夢偉自身最近ONE PIECEにハマっているそうで
 ルフィのゴムゴム粘りの走法でもって最後盛り上げてもらいたい可夢偉!」
まるで意味が分からんぞ!

今回優勝はベッテル。
ポイントでは上だったウェバーが2位だったことから
レッドブルはチームオーダーをする気はないということでしょうか・・・?
アロンソは当初の予定通りの3位。
ポイントランキングも首位のままです。
ハミルトンは4位となり首位とポイント差が24Pとなってしまったので
実質チャンピオン争いからは脱落となりましたね。
これで残ったチャンピオン候補はレッドブルの2名とアロンソのみ。
いやぁ大接戦ですね!

現在のポイントランキング上位4名は
順位 ポイント ドライバー
1 246 アロンソ
2 238 ウェバー
3 231 ベッテル
4 222 ハミルトン
という状況。
次戦アロンソは2位以上でチャンピオンですね。
3位でもベッテルが優勝ならチャンピオンになります。
アロンソ断然有利だ!

いよいよ最終戦アブダビ。
はたしてチャンピオンになるのは・・・!

それでは、また次回(・∀・)ノシ

F1ドライバーのニックネームはコチラ→'10 F1 流石と言わざるを得ないフジのニックネームのセンス
クリエンのニックネーム(?)追加しました。


'10 F1韓国GP 感想

2010年10月26日 02:20

レッドブルがまさかのダブルリタイア!!
そしてアロンソ5勝目!!


いろいろと注目度が高かった韓国GPですが、
なんとか無事に終了。
いや、全然無事じゃなかったか・・・。

決勝当日は大雨。
SC先導でスタートするものの、3周走って赤旗中断!
ドライバーも無線で「最悪のコンディション」と嘆くほどの路面状況です。
しばらくしてレースは再開されましたが、それでもSC先導での再スタート。
ここで韓国サーキットの1つの問題が露呈。
それは水はけの悪さ
再スタートで雨が弱まっていても路面に水が溜まりまくり!
その影響でマシンがスピンしまくりでした。
そしてポイントランキング首位のウェバーがまさかのスピン!
ロズベルグを巻き込んでのスピンでリタイアとなってしまいました。
ちなみにアロンソを応援していた自分はここでガッツポーズ!

ウェバーのリタイアで先頭を走っていたベッテルも46周目にエンジントラブルでリタイア!
ベッテルのトラブル率は異常ですねw
そしてここで韓国サーキットのもう1つの問題が露呈。
マシンから煙が上がっているなかマーシャルは右往左往。
結局ベッテル自身で消火する羽目に。
おいマーシャル仕事しろww
マシンは放置したり旗を振り間違えたりお前ら何しにきてるんだ?
そして極めつけはベッテルをピットに送迎するこのマーシャル。
2010102601
なんでベッテルがマーシャルを送迎してるんだよ!!wwwwww
初開催なので慣れてないって部分はまぁしょうがないケド。
世界一のマーシャルと呼ばれている鈴鹿サーキットのマーシャルの所へ研修でも行って来い!
ちなみにアロンソを応援していた自分はここでもガッツポーズ!

とまぁ問題ばかりでしたが、
チャンピオン争いはものスゴイことになりましたね。
特に予選ワンツーだったレッドブル。
このままレッドブル優勝でポイント差が更に開くと思っていました。
しかし終わってみればレッドブルダブルリタイアで優勝はアロンソ。
おかげでポイントランキング首位がアロンソになりました。
自分としては願ったり叶ったりの結果で大満足!
しかしアロンソにもエンジンの問題が残っています。
とにかく大事なのは表彰台に登ること。
残り2戦、まだまだチャンピオン争いは終わりません。

現在のポイントランキング上位5名は
順位 ポイント ドライバー
1 231 アロンソ
2 220 ウェバー
3 210 ハミルトン
4 206 ベッテル
5 189 バトン
という状況。
首位と42ポイント差のバトンはもうチャンピオン争い脱落ですね。
可能性は0じゃないけど無理だなコリャ・・・。

次戦はブラジル。
母国GPとなるマッサがどうアロンソを援護射撃するのか期待です。

それでは、また次回(・∀・)ノシ

F1ドライバーのニックネームはコチラ→'10 F1 流石と言わざるを得ないフジのニックネームのセンス
ハイドフェルドのニックネーム追加しました。


'10 F1日本GP 感想

2010年10月11日 01:13

今年の日本GP。
大雨の影響で予選が延期になったり、
スタート直後にクラッシュが起こったり、
ベッテルがポールトゥウィンしたり、
といろいろ起こりました。

が、今回感想はただ一つ。

小林可夢偉最高だああああぁぁぁぁぁ!!!!

F1見て泣きそうになるとは思わなかった。
マシンが傷ついても失うことのない闘争心。
むしろ逆境に立たされて更なる気迫の走り。
可夢偉のオーバーテイクショーに鳥肌たちまくりでした。
結果も見事7位入賞!
おめでとう!!

なんか可夢偉のための日本GPでしたね。
チャンピオン争いなんてどうでもよかったです、今回はw
生中継じゃなかったのがちょっと残念だったかな。
副音声もなかったしー。

現在のポイントランキング上位5名は
順位 ポイント ドライバー
1 220 ウェバー
2 206 アロンソ
3 206 ベッテル
4 192 ハミルトン
5 189 バトン
という状況。
マクラーレン勢ちょっとピンチか!?

次戦は韓国。
つーか本当に開催されるのでしょうか?
ドライバーにとって最高の状態で開催されることを願うだけですね。

それでは、また次回(・∀・)ノシ

F1ドライバーのニックネームはコチラ→'10 F1 流石と言わざるを得ないフジのニックネームのセンス


'10 F1シンガポールGP 感想

2010年09月27日 21:16

アロンソが2戦連続の優勝!!

アロンソ快進撃キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
レース中は2位のベッテルとなかなか差が開かず、残り数周では1秒以内にまで差を詰められていました。
僅かなミスで優勝を逃してしまうという状況でヒヤヒヤしながら見てましたが、そこは流石アロンソ。
ミスもない完璧な走りで見事ポールトゥウィン!!
ここに来て2戦連続優勝は大きいですね。

逆にハミルトンは2戦連続リタイア!
ポイントランキングでもアロンソに抜かれて3位になってしまいました。
可夢偉もまさかの単独クラッシュ!
せっかく予選10位でまたポイントが狙えたんですけど・・・。
まぁクラッシュは可夢偉本人のミスですが、
シューマッハをオーバーテイクしたりと猛プッシュの姿勢というのは非常に評価できますよね。
鈴鹿での活躍に期待です。

レース残り数周の時にコバライネンのマシンが出火!
ホームストレートに車を止めて自分で消火しました。
レース後コバライネンはこんなコメントを。
A couple of guys from Williams gave me an extinguisher, so I put the fire out on my own.
I've told Tony and Mike that they maybe need to pay me more as I'm now a fireman as well.

(ウィリアムズのクルーが消火器をくれたので、自分で消火したよ。
トニーとマイクには僕は消防士の仕事もしたんだからもっと給料を上げてくれと話したよ)
消防士コバライネン誕生か!?

現在のポイントランキング上位5名は
順位 ポイント ドライバー
1 202 ウェバー
2 191 アロンソ
3 182 ハミルトン
4 181 ベッテル
5 177 バトン
という状況。
ウェバーとアロンソのポイント差は11ポイント!

次戦はいよいよ鈴鹿!
午後4時から放送ってコトは・・・あれ? 生じゃない?
副音声でまた何かやってくれるんでしょうか?

それでは、また次回(・∀・)ノシ

F1ドライバーのニックネームはコチラ→'10 F1 流石と言わざるを得ないフジのニックネームのセンス
クビサとハイドフェルドとクリエンのニックネーム追加しました。
クリエンは結局出ませんでしたね・・・残念。
ハイドフェルドは・・・コレってニックネーム?
クビサはやけに限定的な名手になっちゃいましたねw
※スタイルシートをちょっと変更したので、テーブルが正しく表示されない方は「ctrl + F5」で再表示してみてください。


'10 F1イタリアGP 感想

2010年09月13日 21:32

フェラーリ2006年以来の聖地での優勝!!

フェラーリが表彰台1位3位を見事獲得!
予選ポールのアロンソがスタート直後バトンに抜かれたのは痛かったですが、
その後アロンソはバトンにつかず離れずの距離をキープ。
そして勝負の分かれ目はピットストップ。
先に入ったバトンのピットストップのタイムが4.2秒だったのに対し
後から入ったアロンソのピットストップのタイムは3.4秒!!
この0.8秒差とバトンピットイン中のアロンソの猛プッシュのおかげで
ピットアウトで見事バトンを抜くことができました!
フェラーリピットクルーGJ!!

ハミルトンはレース開始早々のリタイア!
一方前戦ベルギーでノーポイントだったアロンソ、バトンが1位2位。
これでポイントランキングがまた面白いことになりましたね。

現在のポイントランキング上位5名は
順位 ポイント ドライバー
1 187 ウェバー
2 182 ハミルトン
3 166 アロンソ
4 165 バトン
5 163 ベッテル
という状況。
誰が優勝してもおかしくない!

次戦はシンガポール。

それでは、また次回(・∀・)ノシ

F1ドライバーのニックネームはコチラ→'10 F1 流石と言わざるを得ないフジのニックネームのセンス


'10 F1ベルギーGP 感想

2010年08月31日 17:58

可夢偉またも入賞!!

予選では19番手(決勝でのスターティンググリッドは17番手)という厳しいポジションでしたが
ピットインのタイミング等がうまくいきなんと8位入賞!
天気がコロコロ変わる難しいレースの中でも着実にポイントを稼ぐ可夢偉。
このままの勢いで是非母国レース鈴鹿で素晴らしい結果を出してほしいですね!

一方チャンピオン争いは大波乱。
ポイントランキング上位5名中なんと3名がノーポイント!
特にバトンはベッテルに衝突されてリタイアという気の毒な結果。
ちょっと今回のベッテルは暴走しすぎでしたね・・・。

現在のポイントランキング上位5名は
1位:182ポイント ・・・ ハミルトン
2位:179ポイント ・・・ ウェバー
3位:151ポイント ・・・ ベッテル
4位:147ポイント ・・・ バトン
5位:141ポイント ・・・ アロンソ
という状況。
2位と3位で20ポイント以上の差が。
ベッテル、バトン、アロンソのノーポイントは痛かった・・・!

次戦は超高速サーキット・モンツァ。
マクラーレン有利か!?

それでは、また次回(・∀・)ノシ

F1ドライバーのニックネームはコチラ→'10 F1 流石と言わざるを得ないフジのニックネームのセンス
シューマッハとアロンソのニックネーム追加しました。

'10 F1ハンガリーGP 感想

2010年08月03日 16:38

ザウバー初のダブル入賞!
可夢偉は9位入賞!!


最近ザウバーの勢いが目立ってきましたね。
これも可夢偉のおかげ。
ヨーロッパGPから可夢偉は絶好調!

第9戦:ヨーロッパGP 7位
第10戦:イギリスGP 6位
第11戦:ドイツGP 11位
第12戦:ハンガリーGP 9位

特にヨーロッパGPでのアロンソオーバーテイクシーンは今季可夢偉の名シーンの一つですね。
おかげで可夢偉の評価もうなぎ上り!
日本人ドライバーがアロンソをオーバーテイクするシーンは2007年カナダGPでもありました。
その日本人ドライバーはスーパーアグリの佐藤琢磨。
この時も琢磨の評価が物凄かったですね。
日本人ドライバーの高評価の影にオーバーテイクされるアロンソあり。

今戦ではピットでの事故が2連続で発生!
クビサとスーティルの衝突、そしてロズベルグのリヤタイヤすっ飛び。
ピットクルーはもうちょっと落ち着こうぜ。

シューマッハ先生はバリチェロに対して無茶な幅寄せ!
バリチェロは大激怒!
レース後にはこんなことを言ってました。
I have lots of experience and usually with a crazy guy like that I would lift off, but not today, absolutely not,
(私は多くの経験をしてきて、通常ならあんなクレイジーなヤツとは離れるけど今日はそうもいかなかった)
シューマッハはレース後に謝罪。
次戦ベルギーGPも10グリッド降格のペナルティとなってしまいました。
何をやっとるんだ先生!

それでは、また次回(・∀・)ノシ

F1ドライバーのニックネームはコチラ→'10 F1 流石と言わざるを得ないフジのニックネームのセンス




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。