他ブログ最新記事

FF13 プレイ日記#14

2010年01月17日 01:44

クリアしました!
続きは下から。

プレイ時間約60時間。
ようやくクリアしました。
13章になって下界でバカンスを楽しもうと思っていたんですが、
いかんせん仕事が忙しくてゲームをする余裕がない。
つーわけで、この土日を利用して取り敢えずクリアだけはしておくかと決意。
一気に進めてエンディングまでこぎつけた次第であります。

さて、まずは第13章の感想を。
下界さえ行かなければあっという間にラスボスまで辿りつけますね。
途中3体中ボスが出てきますが、強くありません。
むしろザコ敵のほうが欝陶しいですw

んでまずは因縁の相手、バルトアンデルス戦
ハッキリ言って強くなかったw
ジャマーやエンハンサーで妨害&強化すれば苦戦せずに倒せます。
1回戦目のあの絶望感は何処へ・・・w

そしてラスボス戦
まぁあれだ。
オレが5回くらいガメオベラになるくらいの強さとだけ言っておこう。
そしてアドバイスは『TPは大切に』。

じゃあゲーム全体の感想を。

ストーリー。
バトルシステム。
成長システム。
どれも申し分なし
特にバトルは非常に戦略的で面白かったです。
それに爽快感もありバトルが苦になることはほとんど無かったです。

映像、音楽。
美しい
音楽は下界のBGMが癒されます。

ロード時間がほとんど無かったのも高評価。
ロード時間でゲーム自体の快適度がかなり左右されますからね。

欠点をあげるとすれば、やはりどこでも言われている
一本道
な件。
いわゆる自由度の低さってことですね。
そして"遊び"の要素の少なさ。

ゲームの進め方は人それぞれですが、
自分はいろいろな街や村で寄り道をしながらのんびり進めるのが好きです。
いろんなサブイベントをクリアしながら進めていくのが好きなタイプです。
そしてストーリーを進めていく内に
「そういえばあの街や村は今はどうなってるかな?」
って思って戻ってみると新しいイベントを発見してまた寄り道みたいなのが楽しいですね。
そういう意味ではFF10のような感じが自分的には一番理想的なのかもしれません。
FF10もビサイド島からザナルカンドまではある意味一本道でした。
しかし飛空艇入手後は世界各地どこへでも行けるようになります。
そういう「飛空艇を入手したらどこでも行けるようになる」的要素がFF13にも欲しかった。
確かに11章以降は下界でいろんな場所に行けます。
でも出来ることといったら基本モンスターを倒すことだけ。
そうじゃないんだスクウェアエニックス!

欠点もありましたが、FF13は面白かったです
プレイして損はありません。
みんなレッツプレイ!

FF13のストーリーはクリアしましたが、やることはまだ沢山残ってます。
なのでプレイ日記は
もうちょっとだけ続くんじゃ
それでは。
関連記事
スポンサーサイト


1クリックしようとすると璃緒ちゃんが微笑みます


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mocheblog.blog22.fc2.com/tb.php/202-5a1adc7a
    この記事へのトラックバック