他ブログ最新記事

F1 2010 プレイ日記#2 ~絶望の果て―。歴史を変えた名も無きドライバー達の物語~

2010年10月08日 18:33

オーストラリアGP編!

続きは下から。
アルバートパーク・サーキット。
メルボルンのアルバートパークを舞台とした市街地コース。
コースの幅は広くなくウォールに囲まれているため一つのミスが命取りになる・・・。

前戦バーレーンGPで難易度の低さが判明したため今戦から難易度を変更することに。
よくよく設定を確認すると「AI難易度」という設定項目があるじゃないですか!
つーわけで難易度を上から2つめの「プロフェッショナル」に変更。
フフフ、これで本当の戦いができるってコトだ。

プラクティスを適当に済ませ予選スタート。

まずはQ1。
ハードタイヤでアタックするがスピンの連続。
挙げ句の果てにパンクまで!
残り時間も無く焦った俺はソフトタイヤに履き替え渾身のアタック!
結果は1:31.794で9位につけた。

そしてQ2。
ソフトタイヤのままでアタックするもののやっぱりやらかすスピン。
ん~やっぱオーストラリアは苦手だ~><
スピンだけでなくオーバーランによるコースオフなどで良いタイムがなかなか出ず、
結局Q2は1:33.089で16位という結果になってしまった・・・。
Q3には進めず!

いよいよレース!
ソフトタイヤでスタート。
1周目で3台ほど抜き、順位を着実に上げていこうと思った矢先、
案の定やらかしたスピン!
順位も大きく下がりスピンの影響でソフトタイヤの摩耗も酷く、
完全にレースペースを乱してしまったのであります。
最終的には24台中23位という最悪な結果。
ベストラップも1:32.998と酷いタイム。
完全にチームの信頼を失ってしまった・・・。

レース後インタビューを受けるも、
インタビュアーはメリーちゃんではなくDAVID CROFTというオッサン。
表彰台に登らなければメリーちゃんには会えないのか~。

Q.「シーズンの不安材料は何かありますか?」
A.「上を目指して頑張るだけです。
Q.「今日はマシンの性能を発揮したと言えますか?」
A.「今現在、マシンは不調です。
Q.「レース全体を振り返ってみていかがですか?」
A.「いい感じだと思いますよ。

自分のミスをマシンのせいにする男。
なにが「いい感じだと思いますよ」だこのバカッ!(自分で言っておいて・・・)

難易度を上げた途端に酷い結果となりましたが、
今後難易度はこのまま変更なしの方向で。
まぁこのくらいの順位のほうがリアルっちゃあリアルだしねw

次戦はマレーシアGP。
F1CEでは比較的得意なコースでしたが・・・。
チームの信頼は回復されるのか!?

・・・続く?
関連記事
スポンサーサイト


1クリックしようとすると璃緒ちゃんが微笑みます


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mocheblog.blog22.fc2.com/tb.php/375-5879f393
    この記事へのトラックバック