他ブログ最新記事

'11 F1オーストラリアGP 感想

2011年03月28日 21:25

ベッテルチート過ぎワロタw

予選で圧倒的な速さを見せつけ、
決勝でもミス無くそのままポールトゥウィン。
この圧倒的な速さは2009年のブラウンGPを彷彿とさせますね。

2011年からまたまたレギュレーションが大きく変わりました。
・ピレリタイヤ
・KERS復活
・107%ルール復活
・Fダクト禁止
・チームオーダー可
などなど。

中でも一番の見所はやはり
可変リアウィングの導入
でしょう。

可変リアウィング、通称DRS(Drag Reductin System)
ウィングを寝かして空気抵抗を減らしストレートスピードを伸ばすシステムです。
フリー走行と予選では自由に使用でき、
決勝では前車とのタイム差が1秒以内の時特定の区間内だけで使用することができます。

オーストラリアGPでは早速DRSを用いたオーバーテイクがいくつかありました。
中にはDRSとKERSの合わせ技まで!
今後F1を観戦する上で要チェックなポイントになりますね。

個人的に一番応援しているアロンソはスタートで出遅れ9番手となってしまいましたが、
最終的にはなんとか4位フィニッシュ。
まぁ悪くない順位なのでホット一安心。

大注目の小林可夢偉は開幕戦いきなり8位入賞!
チームメイトのペレスも7位とザウバー幸先の良いスタート!
・・・と思ったら。
なんとレース後マシンのリアウィングが規定違反とのことで失格処分に!!
関係の無い話ですが、オーストラリアGPにはあびる優も応援に来ていたとのこと。
むむむ・・・・・・。

最後にF1ドライバーから被災地の方々へのリレーメッセージを紹介。



みんなで 力を 合わせて
みんなで 勇気を もって
みんなで 希望を もって
みんなで 前を 向いて
みんなで 助け 合って
一緒に 頑張ろう
東北 一緒に 頑張ろう
日本 みんなで 一緒に 頑張ろう

これ見てガチで泣いたw
F1ファンでホントに良かった。
これACのCMのかわりに流して日本中に見てもらいたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mocheblog.blog22.fc2.com/tb.php/492-2412245f
    この記事へのトラックバック