他ブログ最新記事

プロレスラー三沢光晴選手、試合中に頭を強打し死亡

2009年06月14日 01:30

おい・・・ウソ・・・だろ・・・?

こんなの信じられねぇ・・・。

あの受身の天才の三沢さんが・・・?

え、ちょっとマジ冗談じゃないの?

・・・・・・。
正直、信じられません。
実感が湧きません。
ショックです。

橋本真也が亡くなった時と同じ感じです。
なんつーか、亡くなったっていう事実を認めたくないです。
今後は、三沢光晴は欠場中という認識でプロレスを見ていくことになると思います。
橋本も今は欠場中だと思っていますから。

・・・ごめんなさい、分かりづら過ぎですね。
この感覚を言葉で表現するのは難しいです。

橋本が亡くなった時の週刊ゴングは未だに捨てられません。
2009061401

間違いなく今週の週刊プロレスは購入します。
そして一生持っていると思います。
偉大なレスラーがいたということを忘れないために。

三沢さんの試合で一番印象に残っているのは、やはり
「2003年3月1日 GHCヘビー級選手権 三沢VS小橋」
ですね。
あの断崖式タイガースープレックスは衝撃度MAXでした。
ちなみにその動画はコチラ
断崖タイガースプレックス
何回見ても背筋が凍ります。

最後に。
日本プロレス界からまた一人偉大なレスラーがいなくなってしまいました。
まだまだ見てみたかった三沢さんの夢のカードがいくつもありました。
もう三沢さんの試合が見られなくなってしまったことが非常に残念です。
三沢さん、お疲れ様でした。
天国でゆっくり体を休めてください。
いくつもの素晴らしい試合、ありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mocheblog.blog22.fc2.com/tb.php/54-4dcb9b22
    この記事へのトラックバック