他ブログ最新記事

グランツーリスモ5 のんびりプレイ日記#25

2011年10月22日 20:32

今回はスパ・フランコルシャン特集!!

続きは下から。
先日発売されたDLCコースのスパ・フランコルシャン。
世界的にも有名なサーキットの一つで、
F1ベルギーGPや、24時間耐久レースなどで使用されています。
ただ、実際にゲームでスパを走ったことのある方は多くはないんじゃないでしょうか?
F1ゲームでは収録されていますが、GTシリーズでは今回が初めてですからね。

今回はそんなスパ・フランコルシャンの解説を。
有名コーナーなどスパの魅力をタップリと紹介します!
「おいおい間違ってるぞ」などご指摘がありましたらいつでもどうぞ。

コーナーの数字などはF1公式サイトのマップに合わせます。
2011102208

ターン1.La Source(ラ・ソース)
2011102201
第1コーナーのヘアピン。
F1ではスタート直後にクラッシュが多発!
危なくなったらアウト側に逃げましょうw

ターン2~4.Eau Rouge~Raidillon(オー・ルージュ~ラディオン)
2011102202
2011102203
スパの超名物コーナー、ターン2「オー・ルージュ」。
最も度胸が試されるコーナーで、近年のF1では全開で攻めるのが当たり前。
ここでスピードに乗せないと次のストレートで一気に離されます。

Kemmel Straight(ケメル・ストレート)
2011102204
ターン4「ラディオン」を抜けた先のロングストレート。
ここでスリップに入ってサイドバイサイド→次のコーナーでインを突いてオーバーテイク、
がスパのオーバーテイクのセオリー。

ターン5.Les Combes(レ・コーム)
2011102205
オーバーテイクポイントの一つ。
ここを超えると今度は下りのコース。

ターン16~17.Blanchimont(ブランシモン)
2011102206
超高速左コーナ。
ここも度胸試しコーナーの一つで、全開が当たり前。
ヨーロッパのサーキットの中で最も通過速度の高いコーナー。

ターン18~19.Chicane(バスストップ・シケイン)
2011102207
ブランシモン後のシケイン。
ターン15「ポール・フレール」からシケインまでは全開なので、
ここもオーバーテイクポイントの一つ。

GT5では関係ありませんがスパは全長7.004kmと非常に長いサーキットで、
山の中にあるサーキットのため天候が変わりやすく、
雨が降っている地点と降っていない地点が混在する事が多いです。
この天候のことをスパ・ウェザーと呼び、スパ名物の一つにもなっています。
晴れ用タイヤか雨用タイヤかの判断でレースが大きく影響するので、
スパを楽しむ要素として覚えておきましょうw
関連記事
スポンサーサイト


1クリックしようとすると璃緒ちゃんが微笑みます


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mocheblog.blog22.fc2.com/tb.php/617-cd7af5e3
    この記事へのトラックバック