他ブログ最新記事

'11 F1ハンガリーGP 感想

2011年08月02日 22:10

バトンが記念すべき200戦目に優勝!!

今回のハンガリーGPでバトンはF1参戦200戦目。
その200戦目に優勝という最高の結果!!
しかもハンガリーGPのハンガロリンクはバトンにとっては思い出の場所。
2006年、バトンがF1参戦して初優勝したのがここハンガロリンクだったんです。
もうなんか凄い!!

マクラーレン勢はバトンとハミルトンで明暗が分かれました。
終始ミスのない完璧な走りで優勝をもぎ取ったバトンに対し、
スタートで先頭に立つも単独スピンでドライブスルーペナルティ。
しかも途中でタイヤ選択を間違えるなどミス連続のハミルトン。
それでもハミルトンは4位フィニッシュってのはさすが・・・。

ベッテルは予選ポールも2位フィニッシュ。
ベッテルがアロンソやハミルトンより前でフィニッシュしている以上、
ポイントランキングで差が縮まるどころか差が広がる一方です。
ちなみに現在ベッテルのポイントは234P。
2位のウェバーが149Pなので85P差もあります。
あれ? 以前より差が広がってる・・・。

アロンソはなんとか3位で表彰台。
これで4戦連続表彰台なので嬉しい結果なんですが、
先述の通りベッテルより後でのフィニッシュなのでポイントにまた差がついてしまいました。
うむむ、これはなんとかしないと・・・。

可夢偉は残念ながら11位と入賞圏外。
タイヤ交換のタイミングが悪かったですね。
ラスト10周は厳しいタイヤ状態の可夢偉の後に後続のマシンがゾロゾロと。
まさか可夢偉ドライビングスクールが開校してしまうとはw
今回のハンガリーGPはタイヤ交換の回数とタイミングで非常に面白いレースになりましたね。

次戦はいよいよ伝統のスパ。
でもその前に約1ヶ月のF1夏休みです。
もう既に待ち切れないぜ。

'11 F1ドイツGP 感想

2011年07月26日 21:46

可夢偉、17番手スタートで9位入賞!!

予選Q1敗退と調子の悪かった可夢偉。
本来は18番手スタートでしたが、
ブエミの燃料規定違反により1つ順位が上がり17番手スタートに。
レースが始まると1周目で可夢偉はなんと12番手まで順位を上げることに成功!
ウィリアムズなどを抜き、最終的には9位で入賞することができました!

いやーホント可夢偉はやってくれますね!
17番手スタートで入賞ですよ!?
もうなんだか入賞するのが当たり前みたいな感じw
マシンスペックを考えるとホントは入賞するだけでも大変なことなのにね。

母国GPとなるベッテルはまさかの4位。
今季初めて表彰台を逃しました。
ポイント差はまだまだ大きいですが、
ここ数戦のマクラーレンやフェラーリの勢いを考えると最後に大逆転なんてことも十分考えられます。
次戦ハンガリーGPでベッテルの真価が問われる!?

アロンソは見事2位!!
ハミルトン、ウェバーと終始熾烈なバトルを繰り広げました。
最後のピットアウトでハミルトンの前に出れたんですが、
タイヤのグリップが無かった為にアッサリ抜かれちゃいましたね~。
まぁ、あれはしゃーなしだな!
この調子で常に表彰台に登ってほしいです。

地上波では放送されませんでしたが、実はレース後こんな珍事が。

2011072601



世界一速いF1タクシー!!
アロンソがレース後にマシンがガス欠をする恐れがあったため途中でエンジンを停止。
そこにたまたま通りかかったウェバーにアロンソが乗せてもらってますw
画像や映像を見る限りでは気持ちよさそうな感じですけど、
オンボード映像ではこの時レッドブルマシン時速60~70kmくらいは出ていました。
アロンソ、時速60~70kmの中であんな乗り方して怖くないんでしょうか?w
ま、F1は時速300kmの世界ですからね。
アロンソにとっちゃあのんびり速度なのかもしれませんw
でも普通の人だったらあんな乗り方で時速60~70km出されたらビビりまくりだよなw

次戦、ハンガリーGP。
可夢偉の入賞とアロンソの表彰台に期待!

'11 F1イギリスGP 感想

2011年07月12日 22:49

アロンソ今季初優勝!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

ようやく優勝できましたねー!
アロンソおめでとー!!

レッドブルが予選ワンツー。
決勝スタートでベッテルがいつものように先頭に飛び出す。
そしてそのままベッテルの優勝。
・・・というのが今シーズンのパターンでした。

しかしイギリスGPでは大波乱。
アロンソが2位のウェバーをオーバーテイクし2位に浮上。
ベッテルと同時にピットへ。
するとここでベッテルピット作業でミス!
なんともアッサリとアロンソがトップになりました。
その後アロンソとベッテルとの差は広がる一方。
危なげ無くアロンソがトップでフィニッシュしました。

イギリスGPではオフスロット時のブロウン・ディフューザーが禁止されたため、
レッドブル勢が若干ラップタイムが落ちると予想されていました。
アロンソとベッテルの差が縮まらなかった理由としてこれも要因の一つでしょうが、
それ以上にアロンソのペースが異常でした。
ここ数戦で確実にフェラーリマシンは改善されてきています。
現時点でチャンピオンシップはベッテルの圧倒的有利に変わりはありませんが、
もしかしたらもしかすると後半フェラーリの怒涛の追い上げがあるかも!?
ちょこっとだけ期待しておきましょうw

可夢偉は初めてのリタイア!
シューマッハにおカマを掘られ、
ピットでミスし、
挙げ句の果てにはオイル漏れ!
なんか前半の好調のツケが一気に回ってきた感じですねw

次戦はGT5にも収録されているニュルブルクリンクでのドイツGPです。
最近無茶ばかりしている皇帝シューマッハが
母国GPてことで更に暴走しないかちょっと心配(-_-;)

'11 F1ヨーロッパGP 感想

2011年06月28日 23:01

可夢偉善戦むなしく16位!

可夢偉今シーズン初めての入賞圏外。(オーストラリアGPは除いて)
ザウバーのマシンポテンシャルを考えると、
可夢偉のこの順位は別に悲観するような結果ではありません。
しかし、今シーズン可夢偉はこの非力なマシンでずっと入賞を続けてきました。
当然こう思います、ヨーロッパGPでも入賞してくれると。
その結果が16位。
なんつーか、悔しいですね!
入賞を逃したってだけなのに、不思議なモンですw
それだけ可夢偉に期待してたってことなんでしょうな。

ヨーロッパGPでのザウバーの調子は終始よくありませんでした。
スターティンググリッドも入賞するのには厳しい場所。
そこでザウバーは一つのギャンブルに出たんですね。
可夢偉には2ストップ作戦。
チームメイトのペレスには1ストップ作戦。
ペレスはタイヤマネジメントに苦戦しながらも見事11位でフィニッシュ。
可夢偉は中盤混戦に巻き込まれタイヤを消耗し、後半タイヤが相当厳しい状態に。
チームも可夢偉は3ストップで行くべきだったと戦略ミスを認めました。
3ストップ作戦ならばもしかしたらもう少し上の順位だったかもしれませんね。

ベッテルは今シーズン6度目の優勝。
8戦中6戦優勝という圧倒的優位な状況です。
ポイントランキングでは現在2位となんと77ポイント差!
ベッテルはこの後3戦連続リタイアしてもポイントランキングで首位を維持できるんです!
これには流石のハミルトンやアロンソもドライバーズチャンピオン獲得はほぼ諦めムード。
下手したらもうあと数戦でチャンピオンが確定してしまうかもしれません。
ベッテル少しは手加減しろ!!

アロンソは母国GPだったおかげか4位スタートから2位表彰台!
アロンソはホント期待を裏切らない男ですよ!
フェラーリの戦闘力も徐々に上がりつつあるので今後が楽しみです。

次戦はイギリス・シルバーストーン。
名門コースで可夢偉、頼むぞ!!

'11 F1カナダGP 感想

2011年06月14日 19:40

バトンが大逆転勝利で今季初勝利!!

生中継だったカナダGP。
生中継ならではの予測不能な展開を期待していたのですが、
なんと25周目で豪雨により赤旗中断!!
放送時間を最大延長したにも関わらず結局赤旗のまま放送は終了。
地上波組にとってはガッカリな生中継でしたね。
レースが再開されたのは赤旗から2時間後。
レースが終わったのは日本時間で早朝6時くらいでした。
4時間にも渡る長き戦いでした・・・!

レースも最後の最後で大ドンデン返し!
ベッテルがまたも予選ポール。
レースもほとんどミスもなくこのまま逃げきって優勝かと思ってました。
しかし、そこに現れたのがバトン!
赤旗前はインターミディエイトに履き替えてタイムをロスしたり、
ドライブスルーペナルティなどを受け一時は最後尾まで落ちたこのバトン。
ドライコンディションになってからはファステストラップの連続で怒涛の追い上げ!
気づけばファイナルラップでベッテルの後ろ1秒以内にまで追い上げていました!
ここでなんとベッテルが最後の最後でミス!
アッサリ抜いたバトンがそのまま優勝を決めました!
終始目を離せない凄いレースでしたよ!!

今回残念だったのは7位入賞の可夢偉
いや、7位入賞ってだけでも相当凄い結果なんですが。
赤旗中断時の可夢偉の順位はなんと2位。
雨も降っているためマシン性能の差も出にくい状態。
可夢偉の腕をもってすれば真後ろのマッサを抑えることも十分可能!
つまり・・・これは本気で表彰台が狙えるんじゃないか・・・?
生で見てて可夢偉の表彰台を心待ちにしていました!
・・・が。
レース再開後、途中で可夢偉がミスを犯し4位まで後退。
路面が乾いてきてドライコンディションになると
後方のマクラーレン、レッドブル勢が怒涛の追い上げ!
ザウバーマシンでは手に負えずズルズルと順位が後退していき、
最終的には7位となってしまいました。
途中の可夢偉のミス、そしてレインタイヤからドライタイヤに履き替えるタイミングが
少しでも早かったならもう少し上位にいけたのかもしれません。
いやー残念!

シューマッハは今期最高の4位。
シューマッハの表彰台見たかったなー。
ハミルトンは途中バトンと接触してリタイア。
アロンソもリタイア。
ポイントランキングでベッテルに差をつけられました。
なおもベッテルの独走態勢は変わりません。

次戦はヨーロッパGP。
カナダGPの予選で調子の良かった(結果は散々でしたが)フェラーリに期待!

【おまけ】
赤旗中断中の様々な出来事w
20110614012011061402
20110614032011061404

'11 F1モナコGP 感想

2011年05月31日 21:49

可夢偉伝統のモナコGPでなんと5位入賞!!

可夢偉がとんでもない結果出した時ってあまり感想書くコトがないですね。
なんでもベッテルがモナコで初優勝したって話ですけど、
可夢偉にしか注目してなかったからなんかどーでもよくなっちゃったw
ゴメンよベッテルw

最後の赤旗中断が余計でしたね。
おかげで後方にいたウェバーとの差が一気に縮まり、
(おそらく)新品タイヤに交換したウェバーに抜かれてしまいました。
可夢偉自身も赤旗さえなければ4位フィニッシュできたと言ってます。
惜しかった!

赤旗の影響は先頭の三つ巴バトルにも影響。
後半タイヤが厳しかったベッテルとタイヤに余裕があったアロンソ。
いつかアロンソがベッテルを抜いてくれるんじゃないかと祈っていましたが、
赤旗中断でベッテルが新品タイヤに交換した時点で三つ巴バトルは決着。
さすがに新品タイヤのベッテルを抜くのは無理です。
アロンソも惜しかった!

次戦はカナダGP。
確か昨年のカナダGPでは可夢偉はクラッシュでリタイアになっちゃいました。
今年はこのままの勢いで入賞だ、可夢偉!

'11 F1スペインGP 感想

2011年05月24日 23:21

アロンソのスタートパねぇ!!

4番手スタートのアロンソ。
スタート直後にKERS全開、一気にトップに!!
アロンソにとっては母国GP。
観客も一気に盛り上がりました!!

しかしその後は厳しい走り。
約10周トップに立ってレッドブルやマクラーレンを抑えていましたが、
ピットインした後は徐々に離されていくアロンソ。
最終的には5位フィニッシュと無難な結果になりました。

やはり現時点ではフェラーリはレッドブルやマクラーレンのペースにはついて行けてないですね。
それでも上位に食い込んでるのはアロンソのドライビング技術のおかげ。
ピットストップのタイムもレッドブルらと比べても0.5秒ほど差があります。
フェラーリがチャンピオン争いに加わるのはいつになることやら・・・。

可夢偉は今回も入賞!
1周目から接触によるパンクで緊急ピットインしたにも関わらず、です。
どうやらオーストラリア、マレーシアと続き今回もあびる優が応援に来ていたとのこと。
今のところあびる観戦時の可夢偉の入賞率は100%!
(オーストラリアでは結局失格になってしまいましたが・・・)
こいつホントに勝利の女神じゃ・・・!?

次戦は伝統のモナコGP。
皇帝シューマッハが今年もなにか波乱を巻き起こしてくれるんでしょうか?w

'11 F1トルコGP 感想

2011年05月10日 22:20

約束を果たす男、可夢偉!

トルコGP予選、燃料システムのトラブルにより走れなくなった可夢偉。
24番手スタートというあまりにも過酷な状況。
しかし可夢偉は諦めない。
なんとチーム代表のペーター・ザウバーにポイントを獲ることを約束。
結果、可夢偉は24番手スタートから10位入賞という素晴らしい結果を残しました!
ペーターとの約束をしっかり果たす可夢偉、まじパねぇ・・・!!

前回の中国GPのウェバーもそうでしたが、
予選Q1で早々と脱落しても新品のソフトタイヤを温存することができるので
決勝レースで一気に順位を上げることが可能となります。
本来ならば順位を上げるためオーバーテイクを何回もする必要がありますが、
今年度から導入されたDRS&KERSのおかげでそのオーバーテイクも容易に。
だからオーバーテイクが得意な可夢偉は最後尾から10位入賞できたんですね。

フェラーリ・アロンソは今季初表彰台!!
2位かと思ったんですけど後半タイヤの差でウェバーに抜かれちゃいました。
トルコマイスターことマッサは前半いい走りを見せていましたが、
気がつけば結果は11位と「あらっ?」な結果w
う~ん、マッサの存在感がどんどん薄くなってく・・・。

レッドブルはワンツー。
特にベッテルはポールトゥウィンでした。
なんつーかもうベッテルだけは速すぎて国際映像にも映らずコメントのしようがありませんw
今年度20戦近くありますが10戦以上優勝とかして早々にチャンピオン決定とかになりそう。
来年度はレギュレーションでベッテル禁止にするべきw

次戦はスペインGP。
アロンソの母国レース!!
そして可夢偉の連続入賞に期待!!!

'11 F1中国GP 感想

2011年04月19日 22:29

バトンやりやがったーッ!!

中国GP。
結果はハミルトンがベッテルを抑え今季初勝利。
ベッテルは相変わらず2位という好結果。
ウェバーも予選18番手からいつの間にか3位という結果に!
なんだかんだでレッドブルが速かった、という中国GPでしたが。

今回の主役は間違いなくバトンでした。
続きを読む

'11 F1マレーシアGP 感想

2011年04月12日 16:01

ベッテル2戦連続ポールトゥウィン!!

もうね、ベッテルだけ次元が違うよね。
これでKERSほぼ未使用っつーもんだから尚更手に負えないw
昨年は開幕直後マシントラブルに何回も悩まされてポイントを相当失ってましたが、
今年のマシンは速さも信頼性もバッチリか!?

ただレッドブルにはKERSの問題が。
オーストラリアGPではベッテル、ウェバー両名ともKERS未使用。
今回も結局ウェバーはKERSを使用しませんでした。
ベッテルはレース途中でトラブルが発生。
ウェバーに至ってはスタート前からトラブってたみたいです。
KERSがもたらす影響力は大きく、
レッドブルもKERSを使用したほうが速くなるということを認めてます。
レッドブルとKERSの問題、今シーズンの注目ポイントかも・・・?

マレーシアGPを見ててもう一つ気になったコト、タイヤカス
ピレリタイヤのタイヤカスの量は尋常じゃないですねw
レコードラインを外した瞬間大量のタイヤカスの餌食ですよw
あれだけ大量のタイヤカスが飛び散っちゃうのって大丈夫なんですかね?
モナコGPとかどーすんだろ・・・?

可夢偉はまたも入賞!
8位フィニッシュしたあとハミルトン&アロンソの20秒加算ペナで7位に!
レース中はシューマッハとの激しいバトルを何回も繰り広げていました。

Q. シューマッハと何度もバトルがありましたが?
A. 運命を感じましたね

可夢偉「(シューマッハと)運命を感じる」 可夢偉はあびる優なんかよりシューマッハと交際するべき #f1jpless than a minute ago via ついっぷる/twipple Favorite Retweet Reply


こう思ってしまったw

次戦は中国GP。
早くフジテレビはニックネームを考えろ!